機械だけの星で生きる機械人の少女ソフィアは、遺跡の奥深くにあったカプセルから古代の遺物カネヤを発掘した。カネヤは機械人では無い。油の代わりに赤い液体が巡っている生身の人間のカネヤは、機械人たちと交流を深めていく過程で、神の歯車を集めるという己の使命を思い出していく。機械の少女と人間の青年が〝人間と…

「あなた……人間きかいじゃないの?」



機械人の少女・ソフィアは両親を亡くし、発掘した遺跡物を売りながら一人細々と暮らしていた。


そんなある日、

記憶喪失の古代遺物・血の通う機械人ではない青年カネヤを拾う。


その日、運命の歯車が動き出す――。


スタンプ、コメント待ってます!