あの日、突然襲ってきた災厄により世界は呆気なく滅亡した。荒廃し自然が侵食していくかつて見慣れた世界に取り残された僕は、どうやら神様みたいな女の子に命をかけて守られている。



「君を守る為なら残酷にだってなれるよ」



彼女にこんなことを言わせたのは

僕によく似た人物らしい