「一緒に星見よ」

ここからは、考えなければならないことも泣きたかったことも投げ捨てたいこともすべて忘れる時間。






そこに広がるすべてが


夜を越える私たちの味方なのだ