「めーちゃんは何も知らなくていいよ」脱力系ふわふわ幼馴染みイケメンと世話焼き女子による超囲い込み片想いストーリー!





園村芽依菜(めいな)には、


何でもできる完璧超人の幼馴染、


真木朔人(さくと)がいた。







朔人はいつもテストで一番、


スポーツも万能と皆のヒーローであったが、


芽依菜との間に起きたある事件がきっかけで、


別人のように変わってしまう。






失敗ばかりでめんどうくさがりになってしまった朔人の

世話を続ける芽依菜であったが、


彼女が文化祭委員に選ばれたことをきっかけに、

止まっていた時間が動き出し、二人の距離は変わっていき──



「真木くんは、私が壊したから」

「めーちゃん大好き……だからずっとそのままでいてね」




「真木、わざとやってねぇ? 失敗したりとか、全部」

「園村守る時だけ、やけに動き速かったじゃん」