人間の性格と感情の色が見える女の子と、身体に獣を宿す神獣の男の子たちがなんやかんや騒ぎます。





その存在は、絶対に知られてはいけない。




緋色の獅子王



青い影の狼



黄色の光を纏う隼



紫の落ち着きを払った牡鹿





神獣と呼ばれる男たちと、その幻影を見ることができる少女の未来が交差する。