白百合さんは学校のマドンナ。そんな彼女に思いを寄せる少年・藤沢くんは日々、愛の言葉を叫んでいる。愛の叫びがうるさいなと周囲が飽きだした頃、藤沢くんの恋に可能性を見ている人物がひとりだけいた。そう、村岡先生である。

高嶺の白百合さん