黒薔薇学園に通う俺は、とある事件をキッカケに東のトップの族である“黒狼”に勧誘されてしまう。所が、妹が西のトップ“白龍”の姫になり大混乱。更に何故か黒狼の奴等のいざこざに巻き込まれたり、白龍の奴等には怪しまれたり…ったく、もういい加減しろよ。

赤…

赤…

赤…


俺の世界は…一瞬で赤に

染まった。


俺を変えてくれたのは…

俺に希望をくれたのは…

俺を愛してくれたのは…


「誰だ…?」


*この物語はフィクションです。未成年の飲酒や喫煙は法律により禁止されています…