うれしなみだ。

作者







「私さ、芳野先輩が好きなんだ」




好きになったのは、きっと私が先で、

だけど打ち明けたのは、親友が先だった。