珈琲とチョコレート

作者藤咲 ハル

失恋したわたしに寄り添ってくれたのは、先生でした。

先生。わたしも早く大人になりたいよ。