「いつか、必ずお前を迎えに行く」



私の頭の片隅には、

不器用な指先で私の頬を撫でる愛しい人がいた




「好きだ。お前が笑うたび、

死んでもいいと思うくらいに」



綺麗な顔をした人が、私の体を包み込む






全てをかけて愛した、優しい花



「────きっと、誰を選んでも後悔しない」