その目に一人だけ

作者うみ

高校の同級生だった、桂木優香(かつらぎゆうか)と優人(ゆうと)。
桂木のことを「自由な鳥のようだ」と思う、優人。
二人は少し変わっている部分があり、ゆえに惹かれ合う。