高校二年、夏休み最後の一週間。
遅れてきた反抗期と後輩くんを連れて、逃避行。


拝啓、52ヘルツの君へ