唇に触れる冷たい熱

作者蓮兎


唇に触れる御堂の指は冷たいのに、触れられた私の唇はジンジンと熱を持つ。


お願い、御堂。それ以上何も言わないで……



「よく覚えておけ、お前は俺から逃げきることなんて出来ないのだから――――」


課長の代理として支社にやってきた幼馴染の御堂に強引に迫られる紗綾。

とある理由で恋に憶病になっている紗綾はそんな御堂を避けるようになるが、御堂に紗綾を逃がす気は全くないようで――――


強引な幼馴染に仕事に生きたい臆病な美人がジリジリ追いつめられる、じれったいオフィスラブ。


本社から支社に移動して来た課長代理

御堂 要(みどう かなめ)29歳

×

支社に勤める仕事一筋の美人主任 

長松 紗綾(ながまつ さや)29歳