残された時間を君と悔いなく過ごしたい

作者白紅魔

余命3年と宣告された後天性難病の小町しいな。しいなとは親戚で、家が隣だった。そんなしいなをしいなの親と俺―鷺ノ宮灯里が支える事になった。
だが、幼なじみの美沙希は俺のことが好きで……。
しいなと美沙希に翻弄される灯里。
果たしてどちらと恋が実るのか――
切ない病気ラブストーリーここに開幕!

※カ…




しいな:私、3年しか生きられないんだよ!


灯里:それでも俺が幸せにしてやるから


しいな:なんで私のそばに来るの?あの子のとこに行けばいいじゃん!!


灯里:そうだけど、でも……


美沙希:私はずっと前から灯くんのことが好きでした……!


灯里:俺も美沙希のことが好きだった。……だけど今は……


しいな:私なんかと付き合うより、あの子と一緒のほうが灯里は幸せだよ


美沙希:病気の子ってすぐ死んじゃうんでしょ!そんな子に構ってないで私を好きでいて


灯里:残された時間をしいなと共に過ごしたい



      交錯する想い


     拗れる三角関係



さぎみや灯里ともり……主人公


小町こまちしいな……難病持ち。病院生活。中学まで学校に通ってた。歩けない。車椅子清楚系美少女。黒髪ストレートのロングヘアー。


美沙希みさき……灯里の幼なじみ。独占欲強め。ツインテール、茶髪。