識別持て余して、とわの夢

作者白綾

『彼』がどちらなんてどうでもいい





見分けがつかないから間違えた




ただそれだけなのに




「覚えてよ、瞳を塞いでも分かるくらい」




それが大きな失態だった