「お前、殺すよ?コレ、僕の命より大事なものだから」



白髪のオトコは、あたしを強く抱き締めた。