声を失った少女、若頭と無言の恋

作者氷河みこと

声を出せない少女。全てを失った彼女を見つけたのは、街の支配者だった。

「……っ、っ!」


「なんだ、俺が好きだって?」


「っっ…!」


「そうか、俺も愛してる」




ーー言葉が無くても、は伝わるーー




画像タイトルを入力…