『セーラー服姿の幽霊が、いる』

まことしやかに囁かれるその噂話によるとその幽霊は、川縁の土手に群生する菜の花の中に、すうっと立っているのだそうだ。

遠く川向こうを見つめる、みずいろの空と黄色く烟るあわいに溶けてしまいそうなその儚げな姿は、恐ろしげというよりも哀しげに見えるのだという。

「そ…