ストーリー概要および物語の設定


 弁護士の若竹鈴花は、職業と高学歴を理由に婚活に失敗し続けていた。それを聞いた友人に「財務省に行った同期が彼女を欲しがってる」と深川恭平を紹介される。


 デートをするうちに、2人は旧友のように打ち解けていく。

 ある夏の夜、お互いに過去に抱えたトラウマを話すうちに、2人は「ちゃんと理解した相手じゃないと好きになれない」と気が付き、ひょんなことから、お互いに深く理解し合うための一手段として、週末だけ同棲することを決める。ただし、あくまでも「好きになれたらいいね」という同棲なので、別の異性に出会うのは自由であること、翌年夏に恭平が留学するまでの期限付きであることをルールとして決める。


 同棲生活中、ある出来事をきっかけに、鈴花は恭平に惹かれていく。しかし、鈴花の片思いで、恭平が鈴花を家族のようにしか思っていない場合、同棲生活は解消してしまう。告白して恋人になる賭けに出るか、告白せずに曖昧な同棲生活を続けるか、その葛藤に苦慮し、鈴花は、自分の気持ちを理性的に抑えながら同棲生活を続けることを選択する。


 ある週末に始まった、逸話のような、本当にあった同居恋愛。