殺人鬼からのラブレター(シナリオ原作)

作者福山 コウ

この作品は「魔法のiらんど コミックシナリオ大賞【殺人鬼からのラブレター】」をコミック原作化したものです。
https://maho.jp/works/16743963567754355215




ストーリー概要および物語の設定


12月1日の郵便受けに届いたある手紙。それは主人公のアイに関する死が詳細に書かれている、”殺人鬼からのラブレター”だった。


手紙を受け取ったアイは、幼なじみのレンやタケ、友人のサチエと共に手紙に書かれている死を乗り越えることを決意する。


彼女の周囲では同時に、惨殺事件が発生していた。なんとか事故や事件を乗り越えていくが、12月3日に発生する通り魔事件により友人のサチエが命を落としてしまう。サチエが死んだのは自分のせいだと悔いるアイ。


そこへレンが現れ、自身が手紙を書いていた張本人であると告げる。なんと彼は、12月1日から12月3日までの3日間を何度もループしていたのだ。そして、アイが死ぬ事件や事故を回避し、彼女の命を長らえさせるために彼女の死に関わる人物たちを惨殺していた。


だが、12月3日に発生する通り魔事件だけは逃れられないことを悟り、すべてを打ち明けるために姿を現したと言う。


彼は言う、この死のループから抜け出すには12月1日に発生する電車事故でアイが死ぬ必要があると。12月1日の朝にレンが告白してくれることを条件に、アイは運命を受け入れる。


愛に満ちた気持ちで彼女は事故死し、レンは彼女の家族に最後のラブレターを綴った。






元小説の作品URL


この作品は「殺人鬼からのラブレター」をコミック原作化したものです。


https://maho.jp/works/16743963567754355215



.