国境沿いの貧乏諸侯の娘である亦菲(イーフェイ)は、皇帝の妃候補の一人として妃選定の儀に参加するため、中央の都を訪れる。

 だが、彼女は小料理屋で会った男が皇帝その人だと気付かずに、虐げられる下々の存在を気にかけない帝は愚かだと彼を非難してしまう。

 十三代皇帝文龍(ウェンロン)は、そんな啖呵を切りつつも人攫いから少女を助けた亦菲を気に入り、正体を明かして皇帝直属の諜報機関に入るよう彼女に命じる。

 妃になることにも地位にも興味はないが、困っている人を放っておけない亦菲は、渋々ながらもそれを承諾。王宮にはびこる悪と対峙し、さまざまな問題を解決していくことに。

 一方、最初は興味本位で亦菲を取り立てた文龍だったが、だんだんと彼女の純粋な心根に惹かれてゆく。


 中華風異世界で織りなされる、男勝りな少女とミステリアスな皇帝の恋愛ファンタジー。