優しい力に守られて (BL)

作者美夜満


※注意※
この作品は“BL”です。

過激では無いので、
比較的 読みやすくなってると思いますが、
同性愛が苦手な方は、心してお読み下さい。


●概要、あらすじ


超能力で事件を起こした見景みけい冬也とうやは、中学ニ年生から超能力者育成の施設(学校)で過ごし、大学進学と共に警察組織へ半ば強制的に加入された。


配属先は、『超能力対策課民間部隊』。

超能力や特殊能力で事件を起こした犯人の逮捕と、保護が仕事だ。


自身が使う能力─…

モノを浮かせたり、動かしたり出来るサイコキネシスで、冬也は仲間たちと共に事件の解決に当たっていく。



配属して最初の要請に同行したのは、仲間たちの中ではエース的存在の工藤くどう智春ともはるだった。


無口な智春と区役所に向かうと、両親から見捨てられた幼い少女が図書室で立て篭っていることを報告される。


少女の能力は冬也と同じサイコキネシスで、

智春は「サポートしてやるから、策は自分で考えろ。」と言い出した。


冬也は少女の心を開かせることで事件は無事に解決。


それを切っ掛けに智春は冬也のことが気になるようになり…



その後も要請された事件へと向かう中で、お互いの能力を認め合う冬也と智春。


そんな色んな事件に立ち合う中で、仲間たちの過去が明るみになり、それぞれが過去と今と向かう時がやってくる──…