ディオルマの守護神~オオカミの章~

作者早稲菜 留美

内戦で路上生活に陥った少年ヴォルフ。瀕死の彼の前に2人の悪魔アレックスとレオンが現れる。|悪魔の子《ディーオン》になった彼に、アレックスは自らの過去を語る。

「彼の正体は人間の死体を纏った堕天使リュミエロ。欲望渦巻くディオルマという街で過ごすうち、肉体的な快楽の虜となる。街の守護神として崇拝され…

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり1

内戦で路上生活に陥った少年ヴォルフ。瀕死の彼の前に2人の悪魔アレックスとレオンが現れる。悪魔の子ディーオンになった彼に、アレックスは自らの過去を語る。


「彼の正体は人間の死体を纏った堕天使リュミエロ。欲望渦巻くディオルマという街で過ごすうち、肉体的な快楽の虜となる。街の守護神として崇拝されるも、父なる神から天界に呼び出され大喧嘩に。去勢され、翼も失った彼は、神の呪いにより、人間の心臓を喰う悪魔として地上で暮らしていた」


母のように優しいアレックスに魅了されるヴォルフ。一方、粗雑なレオンには嫌悪感しか抱かない。


ある日、レオンの娘リリーが現れる。彼女の影響で社会と関わりが増したアレックスは、人間との共同研究の末、人工生命を創り出す。それに危機感を抱いた神は、彼を天界に拉致。アレックスを救出すべく単身乗り込むヴォルフだったが、神の策略により、悪魔だった頃の記憶を失う。


楽園で幸せに暮らすヴォルフ。ある時、夭折した許嫁と再会し結婚を決意。だが彼女の両親は猛反対。

「お前は悪魔の子だ!」衝撃の事実を知った彼は、神に直談判し、地獄の管理者に願い出るが……


衝撃過ぎるラストをお楽しみ下さい。