締め切り明けに倒れたら、恋人候補がやってきた

作者空月

締め切り明けにぶっ倒れて起きてみたら、『恋人候補』を名乗る人間が居座っていたので話を聞いてみたり、そのままなんとなく距離が近づいたりする話。