「ハナ…自分自身を誇りに思えるような人生を歩みなさい」これが父の最期の言葉だった。
ねぇ…お父さん、私はお父さんにとって誇れる娘になれているかな。
今、私はテレビの奥にいる人と恋をしています。

「ハナ…自分自身を誇りに思えるような人生を歩みなさい」




これが父の最期の言葉だった。






私、大好きな人ができたよ。


その人は私のことをすごく大切にしてくれているよ。




だけどね、その人はテレビの中で輝いている人なんだ。




私、芸能人に本気で恋をしてしまったよ。



それでも、お父さんにとって自慢できる誇らしい娘かな。