まぼろし、まぼろし、まぼろし。〔完〕

作者永遠







真面目くんな僕と、不思議ちゃん(自称)な彼女の



夢のような、幻のような話