花琳(ファリン)は元貴族の娘。今は道士游桜綾(ユウヨウリン)に保護され、弟子として生活していた。
ある日そこへ一人の青年・哉藍(セイラン)が現れ、後宮に現れる亡霊を祓ってほしいと依頼する。
折しも皇帝が病に伏し、皇太子は将来の皇后となるべき妃を選ぶため、後宮に女性を集めている時期。そこに候補の一人…