父の暴力、暴言、酒、ギャンブル…進学校に入学したはずが生きていくため内緒でバイトする毎日。なんのために生きているのかわからなくなっていた涼音《すずね》









あの頃…あなたはあまりにも眩しすぎて







人生どん底の私に光をくれた人。










でも、逃げたのはわたし。