幸せを知らぬ姫

作者絢菜



武田晴信の姫・梅は12歳で

北条 氏康の嫡男・氏政に嫁ぐ。


幸せを知らぬ姫は愛を知りました。


初めて知った愛は悲しい愛でした。


※この小説は史実を元に作者が考えた

オリジナルの小説です。※