キミに恋した日、風は強く吹いていた

作者まお

綾原礼夏(れいな)、中学三年生。

委員長になった礼夏は、男子のケンカを止めようとする。

けれど、礼夏の代わりにケンカを止めたのは、新野颯大だった。

サッカー部エースで、女の子に人気があって、去年の秋、上級生とケンカをして相手の腕を折った少年……。

あんなに激しい表情をする男の子を見たのは初めてだった。