ストーリーの概要および物語の設定



魔族で構成されている世界・ブラトピア。


そこには西の女王・フレイが率いる魔女と、東の魔王・メフィストが率いる魔男が暮らしている。


同じ魔族でありながらも非常に仲が悪く、お互いの陣地に入らないようにブラトピアの真ん中には高い壁が聳えていた。


顔を見るのも気配を感じるのも煩わしい。もはや修復不可能なほど憎しみ合っていて、1000年続いている男女の政権争いは現在も続いている状況だった。


もうそろそろどちらが強くて、どちらが真の王に相応しいのか決めようではないか。


ふたつの種族はついに決着をつけるために動き出す。フレイとメフィストは覚悟を決めて、禁じ手とされてきた強力な魔法をお互いに使った。


力は互角。爆発音とともに世界が目映い光に包まれると……なんと、メフィストとフレアの体が入れ替わっていた!!


敵対してる陣地の中に放り込まれてしまったふたり。本当のことを言えば殺されるどころではない。元の体に戻れるまではお互いにお互いの役割をしながら過ごそうと、初めて意見が一致する。


そしてふたりは人目を盗んで会うようになるが、次第にお互いのことを意識し合うようになっていく。