異世界の主と結婚する義務を背負い
産まれた首崎(こうべ)家の妹である哀羅(あいら)と首崎家の主として神事に詳しい人と結婚し異世界の住人達が現実世界に出ないように結界を張る役目を背負い産まれた首崎家の姉・愛実(あいみ)。

※この小説は作者が考えた現代ファンタジーフィクションです。※



現代には異世界と現実世界を束ねる神主と

いう職業がある。


その神主を先祖代々継いでいるのが首崎(こうべ)家である


首崎家の姉は異世界の住人達が現実世界に出ないように結界を張りやがて神事に詳しい人と結婚して首崎家を継いでいく役目を担う。


首崎家の妹は異世界の主と結婚して異世界を

治めるという義務を担う。


愛実と哀羅


姉妹達は産まれながらにして悲しい運命を背負っていましたが…。


※この物語は作者が考えたフィクションの現代ファンタジー小説です。※


ただいま加筆訂正しています。