先輩のことを忘れようと思っても、この気持ちは消えないから

作者みかん

あなたを想っていても、傷つくだけ。なら、いっそのこと、忘れたほうがいいのかな?

「月峰先輩、もう私に話しかけないでください。」

私は、意を決して、先輩にそう言った。
先輩は一瞬傷ついたような顔をしていたけれど、すぐに笑って、こう言ってきた。

「そうだよな。俺といても楽しくないよな。じゃあな、…