ティンクは絶対泣かない

作者綺森

異性を嫌忌する桜香は、ある出来事から自分を変えるために1年遅れで男女比8:2の工業高校に入学。隣の席になったのは外面の良い猫かぶり男子で、毎日震えてます。




「でも本当は、ピーターパンは空を飛ぶ魔法よりもウェンディとの恋がうまくいく魔法のほうが欲しかったと思うの」




隣の席でそうつぶやいた桜香はるか



むかつくくらい


何かをあきらめたような顔をしてた