その先の話。

作者







歩みを止めた、



その先に




希望なんか無い事を知っていたから。







『ごめん、』







君の愛に応えられるほど、




強くなれない






――――――――――――――――――




歪みを隠して笑った



彼女の話