上津役花代は心を開く(プロット)

作者狭倉朏

ストーリー概要および物語の設定


 女性高校生、上津役花代は、ある日を境に不思議な『裂け目』が見えるようになった。

 その裂け目は、異空間に通じていて、数少ない人間にしか見ることができない。また、人の心にも裂け目は生じ、そこから心の中の『宇空間』に身を投じることができる。

 同じく裂け目を見ることの出来る青年、永犬丸巻緒のサポートを受け、花代は数々の裂け目にまつわる事件を解決してきた。

 花代の活動は警察の知るところであり、巻緒の弟、直緒もまた、花代の活動をサポートしつつ、その身を案じていた。

 同級生の少女を初めとした老若男女が引き起こす裂け目を用いた事件。

 その裏には、かつて巻緒に重傷を負わせ、花代が裂け目を見ることの出来る体質になった原因を引き起こしたとある人物がいた。

 それらの事件を解決するために、奪われた巻緒の宇空間を取り戻すために、青春をかけて戦う現代ファンタジー。


元小説の作品URL


この作品は「上津役花代は心を開く」をコミック原作化したものです。

https://maho.jp/works/15591670281201475611