金澤花菜(25)は、恋人との結婚も決まり、ガーデナーになるという夢に向かって邁進している女の子。だったが、実は花を傷つけるとその花の花言葉を発動してしまうという特殊能力を持っていた。その能力のせいで結婚式当日、恋人が消失してしまう。悲しみにくれる中、謎の男が現れ、その能力で恋人を救ってみせろと言い…

ストーリー概要および物語設定


結婚も決まり、祖母のようなガーデナーになるという夢のために専門学校にも通い始め順風満帆な日々を送っている花菜。だが、結婚式当日に婚約者の省吾が花びらとともに姿を消してしまう。悲しみにくれている中、謎の男・杜乃が現れ、「お前はおばあ様から受け継いだ"傷つけた花の花言葉を発動してしまう特殊能力"を持っている。その能力のせいで恋人は消えてしまったのだ」と告げられる。そして彼の協力の元、その能力で省吾を元に戻す方法を探すことに。


省吾を復活させる花を探すため、さまざまな花に触れ、共に過ごす内に二人は打ち解けていく。だが、能力の影響で杜乃に告白されたことでギャクシャクしてしまう。そんな中、省吾が復活し、二人は距離を置くようになってしまうが、花菜は自分が杜乃に好意を抱いていることに気付く。だが杜乃は花菜から離れることを決意し、最後に祖母との関係、花菜が能力の影響で忘れてしまった記憶、自分が今まで花菜のことを見守り続けていたことを打ち明ける。


花菜が秘密を知って杜乃への気持ちは心の内に閉まっておこうと決意した矢先、省吾が祖母の遺産目当てで近付いていたことを知ってー。