小川陽、35歳。
職場と家との往復をただ毎日繰り返している。
つまらない女。
そう形容してしまえば、それまでだ。

淋しい奴だと思われたとしても、それを望んだのは私。
友人や同僚との深い関わりを断ち、孤独を選んでいるのは私。
このまま老いて行くことさえ覚悟していた私を変えたのは、一人の女の子との出…

私には、誰にも言えない秘密がある。


絶対に、他人には知られたくない。


知られてはいけない。


秘密