家の為に婚約させられた葵(あおい)。相手は身分も歳も上の若頭である要(かなめ)。不釣り合いなんてことは百も承知なのに、家の決定に逆らえるわけもなかった。




…我らが若頭夫妻の間に言葉は少ない。





だが決して相手に興味がないなんて事はない。





片時も傍を離れようとしないし、

必ず揃いのものを身につけているし、

必ずどこか触れ合っている。






そんな若頭夫妻は今日も愛を囁きあう。





画像タイトルを入力…