アヒルの湖【小説版:原作】

作者府上 薫子

浅利愛海は半年後に良家の長男との結婚を控え、順風満帆な日々を送っていた。ところがある日婚約者の両親から「婚約祝」と称して贈り物が届けられる。
それは、最近ニュースで話題の毒薬だったーー。

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり

《アヒルの湖》





ー何が正しいかなんてきっと一生わからないー











※この作品はフィクションです。実際の人物、事件、団体等とは一切関係がございません。


※この作品は、障害や性、あるいは生について等、デリケートなテーマを扱います。

苦手な方はブラウザバックを推奨致します。


※誹謗中傷防止のため、コメントやシーン機能はオフにしております。申し訳ございません。


数ある作品の中から、見つけてくださりありがとうございます。


この作品がどうか読者様の心に響きますようにー