女子高生の神崎華(かんざきはな)。
父親のネグレクトにより学費と生活費を工面するためにバイト三昧の日々を送る彼女。
18歳の誕生日の夜、父親の借金のカタとして売られそうになった華を助けたのは同級生の犬飼凜(いぬかいりん)だった。
学校一の不良で知られる凜は関東大物の極道組織・犬飼組の跡取り息子。

○ストーリー概要および物語の設定


女子高生の神崎華(かんざきはな)。

父親のネグレクトにより学費と生活費を工面するためにバイト三昧の日々を送る彼女。

18歳の誕生日の夜、父親の借金のカタとして売られそうになった華を助けたのは同級生の犬飼凜(いぬかいりん)だった。

学校一の不良で知られる凜は関東大物の極道組織・犬飼組の跡取り息子。

凜は幼い頃に華に助けられた過去があり、それ以来彼女に恩義を感じていた。

助けてくれた礼がしたいと申し出た華に「俺と結婚して」と切り出す凜。

友達からなら、と凜との婚約を受けた華は犬飼組で暮らすことに。

ようやく父親の呪縛から解放された華だったが、一度極道と関わってしまった彼女の世界は一変する。

友人関係から徐々に親密になっていく華と凜。その一方で、いがみ合いを続けていた関東と関西の抗争の火蓋が切られてしまう。

抗争に巻き込まれていく中で、華は自分の出生を知る。

華は関西最大の暴力団組織・岩座会(いわくら)会長神尾漣(かみおれん)の隠し子だった。

華は抗争の鍵を握る人物だった。

全国統一を画策する神尾は華を狙い、凜は彼女を守るために奔走する。

裏社会で繰り広げられるアウトローでアブナイ恋愛模様。