週に一度クラスメイトを買う話

作者羽田宇佐

宮城は週に一度、クラスメイトの仙台に五千円を払う。
五千円は仙台の三時間を買うためのもので、宮城は彼女に命令をする権利を得る。
スクールカースト下位の宮城と上位の仙台。学校で交わることのない二人は、そういう契約で放課後を一緒に過ごしていた。
宮城がする命令はその日の気分で決まり、仙台は逆らうことが…