「あんたが死ぬと、俺たちの仕事が猛烈に増えすぎて事後処理が邪魔くさいんや!」
そんな不真面目な仕事っぷりを予感させる文句によって、朱夏の自殺を止めたのは、金髪長髪のヤンキー系死神だった――。

「俺がなんか飯作ってやるから死ぬな」

一緒に住むことになった死神が作るご飯が美味しくて、死ぬことを忘れ…