その男はきっと知っている。その女性はもう永遠に失われたのだと。そしてその面影を待ち続けるのなら、彼自身もまた、永遠に失われるのだろう。
 それは未来をひたむきに信じる男の美学か、あるいは遠い過去への醜い執着か。
 それは一人を想い続ける心の強さか、あるいは一人を忘れられない心の弱さか。


※こ…