猫神様はあしたの天気も知らない

作者フドワーリ野土香

誰もが恋をし傷つけ傷つけられ、恋に憧れ、理想と現実に思い悩む。
そして、誰もが困難にぶち当たると「神様仏様!」とつい神頼みをしてしまうもの。
ここにも、恋に悩み傷つき傷つけられた男女4人が――。

画像タイトルを入力…


恋に破れた者たちよ、もう一度立ち上がれ!

野良猫の溜まり場になっているとある神社――通称野良神社には、猫神様がいる。

恋の願いを叶え、失恋の痛みを取り去ってくださるという。

だが実際には、猫神様は自由奔放で願いは自分で叶えろというてきとーな神様だった。


ちょっぴりビターな大人向け恋愛ファンタジー!


〈主要登場人物〉

猫神様…野良神社に住む猫の神様。子猫ほどの大きさで真っ白。黒い首輪に鈴をつけている。可愛らしい見た目とは違い、声はおっさん。そして自由奔放。願いは自分で叶えろ、というスタイル。


三窪恭介…福祉の大学に通いながら書店でアルバイトをする大学1年生。見た目はチャラいがしっかり者。アルバイト先に頻繁に訪れる美女に一目ぼれしてしまい、野良神社へ恋の成就を願いに行く。


池谷杏子あんず…イケメンぞろいの合コンに招かれ、そこで出会ったのは姉に一目ぼれしていた男――三窪恭介だった。恋とは無縁の世界を生きている姉に惚れたという恭介の恋を、興味本位で助けようとしていくが…。


三谷隆弘…恭介のバイト先の先輩。大学4年生。幼い頃から好きな人には好きな人がいるという呪いにかかっている。合コンで狙った相手――池谷杏子は、数をそろえるためだけに誘ったバイト先の後輩に興味津々で呪いは未だに続いているようだった。


池谷邑子ゆうこ…杏子の年の離れた姉で社会人。学生時代にひどい恋愛を経験してしまったことから、恋愛とは無縁の生活をずっと送っている。