墨田君は誤解されやすい

作者相馬アルパカ

 墨田すみだ君は近寄りがたい雰囲気だ。

 同じクラスではあるが、彼が誰かと親しげに話しているところは見たことがない。なぜか墨田君の席はいつも窓側で、達観と諦観が入り混じったような空気をまといながら窓の外を眺めているイメージだった。