「東京ドーム、行けたらいいね。3人で」
半分本気だったし、半分戯言だった。でもこの時は、ずっと永遠に3人でいられると、そう信じてやまなかった。