人の群れの中で過ごすとき、言いようのない寂しさが血の中を駆け回ることがあった。もしも願いが叶うのならば、たったひとりでいいから、誰かを愛してみたい。