明日を知らぬ僕たちは。

作者鯨臥 佑弦

君がいる世界で、僕は生きたいと強く思った。




明日を知らぬ僕たちは



何かを求め日々を生きる。




クラスの人気者のあの子も



しっかり者の学級委員のあの子も



運動部のエースのあいつも。




何か、息が詰まりそうな日々を生きている。




僕たちは、欲張りなのかもしれない。









明日を知らぬ私たちは。



不安と希望を抱えながら生きることを選択した。




.

.