日常がズンズン怪異に呑み込まれていく様子にガクガクブルブルでした。
畳み掛けるよう加速度を上げて迫る恐怖感がもう怖くて怖くて、でもスクロールする手が取り憑かれたように止まりません。
登場人物が親近感と好感が持てるので怖さだけでなく「逃げて逃げて逃げて〜!」となり、最後までのめり込んで読みました。
滅茶苦茶怖かったです><。。。。最高でした
また読みに来ます!!